かわいい女性である秘訣集

不動産を高値で売却するコツ

不動産を売却するとなると、なかなか億劫で大変です。ですが、バブルの頃とは違い、不動産が値上がりするのは、ごく一部の都心部などで、その他のほとんどの地域では長期下落傾向は続いています。また、不動産を持っていると、必ず固定資産税がかかってきます。地目が宅地の不動産の固定資産税は高く、持っているだけで高い税金がかかるのはなかなか大変です。さらに家やマンションとなると、毎年評価額が下がっていきます。評価額が下がるということは、固定資産税が下がることでもあり、うれしい部分もありますが、売却額が下がっていくことは、売却する側にとっては、とてもあせってしまうところです。つまり、不要な不動産を所有している場合は、資産価値が下がる前にできるだけ早く売却するのが、正しい方法です。
しかし、不動産はそう簡単に売却できるものではありません。たいていの場合は、不動産会社に売買手続きを代行しますが、不動産会社にやる気がなければ、話が進みませんので、代行する不動産会社は、慎重に選ばなければなりません。また、早く売却益を出したいがため、売り出し価格のダンピングを求める不動産会社もあります。不動産会社に入るマージンは、成功報酬として売主買主それぞれから、売却額の3%分を得ます。高値で何年も営業活動にしばられるよりも、安値で手数料を多く稼ぐ方が実入りがあるという不動産会社もありますので、注意が必要です。
不動産は一生の買い物です。実家から近い、転勤してくる、学校が近い、病院が近い、この街に住みたいなどさまざまな思惑を持って、購入を検討する人は必ずいます。それまでは、あせらずじっと我慢し、吉報を待つのが、高値で不動産を売却するコツです。

ハウマッチ・マンション

加齢と傷跡

私は猫を飼っています。
やんちゃざかりで、爪を切ったりすると大暴れして私の手足に、立派なひっかき傷をつけるんです。
それはまあいいとして、困るのはその傷跡。
20代の頃だったら、キレイに消えてくれたんですが、最近では去年の傷跡が残っていたりします・・。
多分、傷跡がシミになっちゃうんですよね。
外出時、あまりにも酷いものには、ファンデーションを塗ってごまかしてるんですけど、知らない人が見たら「DV?」って思うかも…。
やっぱり、加齢とともにこういうのも治りにくくなっていくのでしょうか?
普段、日焼けとかには気を使ってるつもりですけど、傷跡にも要注意ですね。
でも、猫はやっぱり可愛いので、当分は傷とつきあう必要がありそうです。